漢方薬は複数併用しても

顎ニキビ漢方薬には、いくつかの種類があり、加味逍遥散、婦宝当帰膠、など専門の知識を持つ薬剤師からの購入しかできないのと、一人ひとりの症状に合わせて処方されるという特徴があります。

 

 

では、その漢方薬は複数併用しても大丈夫かという疑問も出てきます。

 

顎ニキビ漢方薬の複数併用は、漢方薬にどんな成分が含まれているかを確認するとともに医師や薬剤師との相談では可能となるでしょう。

 

 

ただ漢方薬には甘草という生薬が含まれており、それを幾種類やら多量に飲むと嘔吐や頭痛、高血圧症などの副作用が出る恐れがあるので、十分な注意が必要となります。

 

 

また甘草の一日の摂る量が多い場合はむくみの悪化や体重増加、脱力症状などが続く恐れもあるので、その場合も医師の診察が必要になります。

 

漢方には異病同治「いびょうどうち」というものがあって、異なった症状の疾患を、同一の漢方薬で改善する方法があると同時に一つの漢方薬だけで十分な場合もあります。

 

 

そもそも顎ニキビ漢方薬を必要とするケースは主に、顎ニキビに伴う体の不調が原因となっていて、それを漢方の力で改善するのが利用目的となります。ですので、ドラッグストアやネットでの市販薬の利用によるスキンケアで症状が繰り返す場合には顎ニキビ漢方薬を信頼できる医師や薬剤師との相談で利用すると良いでしょう。また日常生活においてニキビの原因にもなるストレスや暴飲暴食をなるべく避け、ニキビ治療をしましょう。